男だって彼女ためにアイピルについての理解を!

アイピルは女性が使うものですが彼女のためにその知識ぐらいは身につけておきましょう!

アイピル服用の副作用で湿疹

アイピルは、性行為中や性行為後の緊急避妊薬です。
アイピルを服用することによって、体内のホルモンバランスを意図的に乱し、子宮内膜を剥がす作用があります。
その為、服用後からすぐに予定日より早い生理が起こります。
アイピル服用後は自然と通常の生理周期に戻りますが、服用した月には2回生理が起こる場合もあります。
ただし、性行為をした時に毎回飲むということは避けましょう。
一時的と言え、ホルモンバランスを大きく変えるものなので、常用することは身体にとっても大きな負担になります。
生理不順や女性特有の病気などの原因にもなりかねません。
効果の高い緊急避妊薬ではありますが、その分、副作用のリスクが高いのです。
一般的に、頭痛や吐き気、嘔吐などがあります。
下腹部痛や胸部の違和感なども報告されており、症状には個人差があります。
一時的なホルモンバランスの変化によって起こる症状ではありますが、症状が酷い場合や症状が長引いてしまっている場合は医師に相談、診察を受けるようにしましょう。
また、空腹時の服用は、吐き気などの原因にもなる為、食後に服用することが大切です。
ホルモンバランスが乱れることによって、肌トラブルも増えています。
湿疹や乾燥肌、肌荒れなどです。
服用後に肌がかさついたり、痒みが出たりする場合があります。
特に湿疹の症状は、頭のてっぺんから足先までの体全体に出ることが多いので注意が必要です。
肌が敏感になっているので、刺激の少ない化粧品などを使用し、保湿することが大切です。
湿疹の症状が出た場合は、すぐに医師の診察を受けましょう。
アイピルなどの緊急避妊薬はきちんと用法、用量を守って、上手に服用するようにしましょう。