男だって彼女ためにアイピルについての理解を!

アイピルは女性が使うものですが彼女のためにその知識ぐらいは身につけておきましょう!

Monthly Archive: 10月 2014

男性にはわからない?月経前症候群の辛さ

2月経前症候群の辛さは男性には分からないものです。
男性社会で会社勤めすると女性は特にそう感じます。
まず、生理休暇があっても本当にそのために休暇を取得する女性はほとんどいません。
みんな具体が悪い時でも、鎮痛剤などを服用してぐっと我慢しています。
月経前症候群は、だいたい生理がはじまる1週間から10日前に始まり下腹がしくしく痛んだり、眠くなったり、頭痛がしたりと人によって様々な症状が出ます。
またその後生理がはじまると更に腹部の痛みは増し、月経前症候群におきる症状と似たような状態がひどくなる場合がほとんどです。
その状態がやはり1週間から10日あり、結局、女性は月の半分以上を憂鬱な症状で過ごすことになります。
女性なら当然のことでだろう、と理解の無い男性も多く女性に対しての配慮が欠ける行動や言動になるわけです。
風邪を引いたりして体調が悪い状態で出勤している人を気遣うのと同じように、女性に対しての配慮も必要です。
特に女性の上司にあたる男性たちは、気を付けなければなりません。
この世の中、基本的には男性と女性で1つの社会を形成しています。
お互いが足りないところを補い合いながら1つのことを成し遂げるためには、互いを尊重し合うことが大切です。

女性は心身共にデリケート

3女性ならば誰もが経験する痛みが生理痛です。
けれども、生理痛は人によっては起き上がれないほどにひどい人もいれば、ほとんど痛みを感じない人もいます。

薬を使うと痛みは和らぎますが、毎月のことですからなるべくなら薬に頼らずに緩和させたいものです。

その方法として、試して欲しいのが体を温めることです。
腹巻やひざ掛けを使って、下半身を中心に温めると効果的です。
冬の寒い時期には、ホッカイロを利用したり、お湯を入れたペットボトルを膝の上に置いておくだけでぽかぽかします。
腹部だけでなく、足先まで温めることも大切です。

また、生姜紅茶やたんぱぽ茶などの温かい飲み物を飲むと体の内部から温める働きがあります。

女性の心身はデリケートです。
いくら外部から働きかけても、その心身には内面からの影響が少なくありません。
ストレスや不安を抱えていると、痛みは軽減しません。

そういった場合は、深呼吸をしたり、ホッとくつろげるひと時を設けることが大切です。
好きな音楽を聴いたり、温かい飲み物を飲むのも良い方法です。
動物と触れ合ったり、花のお世話をするのも良い気分転換になります。

リラックスする時間を持つことで、気持ちをリフレッシュすることができます。

外出しすれば妊娠しないなんて幻想です

4性交渉を持った際に外に出す、つまり膣外射精を行えば避妊をすることができるというものは完全な幻想です。
男性のペニスを挿入した時点で無意識のうちに精液が外に出てしまうため、この精液で妊娠をすることもあるのです。
外に出しているから大丈夫、ということでは妊娠を避けることはできません。

男性の射精は自分でコントロールをすることは難しく、ペニスを抜くタイミングを間違えたり我慢をすることができなかったりすることで膣内に精液を漏らしてしまうことがあります。
また場合によっては自制ができずに、完全に射精をしてしまうこともあるのです。
そして膣の中だけではなく外陰部や太ももの内側等に精液が付着した場合、女性の股間や膣を通過してどんどん子宮へと上がって行ってしまうこともあり、望まない妊娠をする人も多く存在しています。

そういったことを防ぐためには、正しい避妊を行うことです。
様々な方法がありますが、最も簡単に行うことができるのがコンドームを使用した方法です。
コンドームは今やドラッグストアやコンビニエンスストアでも購入をすることができるので、誰でも手軽に入手をすることができるものとなっています。
そしてコンドームは避妊だけではなく性感染症の予防にも役立つ優れものであることから、信用のおけるものなのです。